喜捨御礼並びに巡拝記②

 

 

黄金色に輝く瑞穂の垂れる美しい季節となりました。

 

先ほど、広島 愛媛 香川での巡拝を終え、成田への飛行機の中で文章を打っています。

 

 

今日は帰りの移動時間を使い、先日のエントリー「喜捨並びに巡拝記①」

http://tenjo09.hatenablog.jp/entry/2017/08/23/221745

の続きを綴ります。

 

 

 

《満月の捨身ヶ嶽 奥之院参籠》

 

f:id:tenjo09:20170902211507j:image

 

5月中旬は、月に一度、満月の夜にのみ御堂の開く出釈迦寺の奥之院での参籠のため、飛行機で仙台から香川へまで向かいました。

 

f:id:tenjo09:20170902205135j:image

 

讃岐国一宮・田村神社

 

f:id:tenjo09:20170902205155j:image

 

 一宮寺での神恩感謝・萬民豊楽の祈念の後、電車とバスを乗り継いで、出釈迦寺まで。

 

この日も天気は雨の予報でした。

 

f:id:tenjo09:20170902205052j:image

 

曼陀羅寺までは曇り空でしたが、出釈迦寺へ近づくにつれ、雲は晴れ、美しい青空に。

 

f:id:tenjo09:20170902205354j:image

f:id:tenjo09:20170902205406j:image

  

そして、山門をくぐると、荘厳な陽の光。

 

f:id:tenjo09:20170902194510j:image

f:id:tenjo09:20170902205526j:image

 

五体投地でのご挨拶を終え、喜捨を賜った方々のご芳名での報恩謝徳・あらゆる存在の抜苦と無念が解けてゆくこと、執着からほどかれて自らをほどいてゆけることなど、ひとつひとつ祈りあげてゆきました。

 

f:id:tenjo09:20170902210239j:image

 

そして、奥之院のある捨身ヶ嶽へ登拝を開始。

 

檜のご神木へ祈りを捧げ、真清水を浄める祈りを捧げたのち、山上の護摩壇に捧げるための薬師如来様のご霊水を拝戴しました。

 

日本ではお釈迦さまの生誕祭は4月8日の花祭りが有名ですが、海外ではウエサク満月の日をお釈迦様が御生れになった日としていて、悟りを開かれた日であり、入滅された日でもあるとも言われています。

 

この日の満月は苦しみを負って亡くなられた御魂への祈りを捧げ、生きながら供養が必要なほどの無念を抱えた方々の苦しみが和らいで苦しみがほどけ、光明が射してゆくように、そうしたお祈りを釈迦如来様に捧げながら登拝をいたしました。

 

奥之院への道中は、成仏できず、供養してほしい苦しみを抱えておられる膨大な数の御魂がいらっしゃっていました。

 

私の体に縋られてしまうと彼らの痛みや悲しみが流れ込み、体が痛みで動かなくなってしまうため「案内はするから、それぞれの力で奥之院まで一緒に行こう」「今日はお釈迦様が迎えに来てくれる日だから大丈夫だよ、奥之院であなたたちの供養をするから」「あっちだよ、頑張ろうね」と諭し、励ましながらの登拝でした。

 

f:id:tenjo09:20170903230222j:image

 

このまま、お四国参りについてのお話を続けたいところですが、とても大切なお話なので、巡拝記は一旦区切り、次のエントリーで「お四国参りについて」土地の方から教えていただいたお話をお伝えし、その次で出釈迦寺参籠の続きを綴りたいと思います。

 

 

 

 

--------

 

 

 ・今後の巡拝について
 

 

おかげさまで前回の記事以降、
 
広島の宮島の厳島神社

f:id:tenjo09:20170903230450j:image

f:id:tenjo09:20170903230926j:image
 
大願寺・大聖院

f:id:tenjo09:20170903230510j:image


愛媛の大三島の日本総鎮守大山祇神社

f:id:tenjo09:20170903232030j:image

f:id:tenjo09:20170903232053j:image

f:id:tenjo09:20170903230538j:image
 
香川の曼陀羅

f:id:tenjo09:20170903230554j:image


出釈迦寺

f:id:tenjo09:20170903230624j:image


甲山寺

f:id:tenjo09:20170903230642j:image


善通寺

f:id:tenjo09:20170903230657j:image

 

金倉寺

f:id:tenjo09:20170903230713j:image

 

一宮寺

f:id:tenjo09:20170903230729j:image

 

仏母院

f:id:tenjo09:20170903230800j:image

海岸寺

f:id:tenjo09:20170903230829j:image

 

f:id:tenjo09:20170903230846j:image

田村神社などへの巡拝をさせていただくことが叶いました。
 
お力添えをいただいた方へ、改めて深く御礼を申し上げます。
 
9月第2週以降は、山梨の身延山と七面山へ登拝し天下泰平と神恩感謝、メディア是正や宗教対立緩和などの国祈願をしたのち、沖縄へ御嶽清掃の巡拝をして本州より沖縄へ持ち込んでしまった穢れをほどき大神様方の神威発揚の神事を行い、後半では関西への巡拝をいたします。
 
大神様方への感謝の心と人草の穢れにまつわるお詫びを行い、神域の彌遠永の栄えを祈り、称えごとを奉り、御神酒などをお供えし、清掃奉仕など様々な形での巡拝をして参ります。
 
現状、有料特急などは控えてLCCの飛行機などを乗り継いでなんとか巡拝を行っている状況につき、眠る時間がどうにも追いついていない状態にあります。

 

つきましては、巡拝のお力添えを考えてくださっている方は、ご芳名生まれの干支、現在お住まいの住所を記していただき、

 

【金融機関名】ゆうちょ銀行
【店名】〇一八【店番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】8919773
【口座名義】ヤスダチエ
【記号】10160【番号】89197731

まで、お力添えを賜れますよう、謹んでお願い申し上げます。

ひとりひとりのお名前と干支をご神前やご仏前で奏上し、いただいた御心と皆様からの神恩感謝報恩謝徳の祈りを神様仏様へお伝えさせていただきます。

また、初めてお力添えをご検討の方は、必ず下記の記事をご覧ください。

http://tenjo09.hatenablog.jp/entry/001

怒涛の巡拝が続いており、御礼のご連絡が途切れ途切れになってしまっていて恐縮至極なのですが、メッセージは確かに拝読しております。

すでにお返事をしている領収書などの送付は9月10日前後、沖縄への移動時間に致しますので、今少しお待ちいただけましたら幸いです。

最後になりましたが、いつも応援してくださり、ありがとうございます。おかげさまで日々の巡拝を続けさせていただいております。

 

急に寒くなり、お体の調子が追いついていない方もいらっしゃるのではないかと思いますので、皆様もくれぐれもご自愛くださいますように。

 


それでは後ほど、「お四国参りについて」の記事にて。私はこれより、明日からの巡拝の支度に入ります。

 

どうぞ美しい秋の夜をお過ごしください。

 


目黒盛智恵 拝

 

 

喜捨御礼ならびに巡拝記①

 

夏の日差しも和らぎ、朝夕の透き通る風に清澄な秋の訪れを感じる季節となりました。

 

皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

 

f:id:tenjo09:20170823214145j:image

 

 

喜捨の御心を賜わりました皆様へ*

 

喜捨についての記事を綴ってから四ヶ月が経ちました。

 

雨の日も風の日も、まっすぐな御志で国拝みの道を照らしてくださり、ありがとうございます。

 

f:id:tenjo09:20170823213936j:image

 

これほどの密度で激しい巡拝を続けることができておりますのは、お力添えをくださっている皆様からの想いと祈りに護られ、支えていただいているからに他なりません。

 

おかげさまで、たくさんの激励とお力添えをいただき、この四ヶ月で、青森、秋田、宮城、埼玉、石川、愛知、三重、大阪、奈良、和歌山、香川などにある117社以上(奥宮や別宮、境内社奥の院を含めれば200以上)への巡拝が叶いました。

 

皆様のお力あってこその日々でした。皆様からの祈りあってこそ、満行が叶いました。重ね重ね、心より御礼を申し上げます。

 

お納めいただいたご厚志は、真言宗経本、参籠料、塗香、奉納用神酒、巡拝用白衣、菅笠、御供物料、御線香料、献灯料、神札料、幟料、御旗奉納料として使わせていただきました。

 

また、交通費、あるいは宿泊費として用いて構わないとのお言葉をいただいた分に関してのみ、帰路の交通費やレンタサイクル代や参籠料として使わせていただきました。

 

中にはご自身のお仕事の領域でのサポートや、ヒーリングなどでのお力添えまで…肉体的な限界を超えての巡拝の折、どれほど頼もしくありがたかったことでしょう。。

 

さらには、自分のために使って欲しい、とのお言葉を添えてくださる方まで…透明な優しさにどれほどの救いを見、励みをいただいたかしれません。

 

重ね重ね、御礼を申し上げます。

 

お志をいただいた方のご芳名は小さなノートに書き留め、神恩感謝の巡拝のたび、皆様の神恩感謝・報恩謝徳・天下安寧などのお志を神仏へお伝えし、ひとりひとりのご多幸と益々のご清祥とを深く祈念しております。

 

コピーアンドペーストでのお返事をしたくなく、一件一件にお礼をお伝えしております。なかなかお返事が追いつかず、御礼のご連絡が後手になってしまっている状況をとても心苦しく思っております。

 

そんな中お待ちくださっている皆々様、この巡拝の満願を願い、絶えず応援してくださる皆々様…いつも私の不徳の致すところを寛大な御心でご容赦くださり、見守ってくださり、ありがとうございます。改めまして、深く御礼申し上げます。

 

 

 

それでは、遅ればせながら、喜捨を賜わったおかげでさせていただいた巡拝につきまして、以下にご報告いたします。

 

(神域の保護のため、インターネット上に上げることが適切でない神域なども多々ございますので、ネット上での報告の許可を大神様から賜わっている社で国祈願をさせていただいた巡拝についてのみのご報告となります)

 

 

 

=経済関係の御祈願=

 

金華山神社初巳大祭

 

f:id:tenjo09:20170823191043j:image

 

震災直後でさえ大神様へのご奉仕を絶やしてはならぬとの神職様方の決死のお覚悟によって、不断の祭祀を厳修された社です。まさに易経でいう震為雷を地で貫いた至誠の社。

 

金華山は日の本で初めて金が産出された島であるとされており、当時の国を左右する一大事業として難航していた東大寺の仏像建立は金華山の金によって実現されており、まさに日の本の経済を立て直した大神様がおわします。

 

早朝に女川の大山祇神社(日本総鎮守の神)

 

f:id:tenjo09:20170823191353j:image

 

へ参拝のち、金華山へ渡り、

 

f:id:tenjo09:20170823191436j:image

 

金華山黄金山神社へ。

 

f:id:tenjo09:20170823191523j:image

 

本殿や現在の弁財天堂境内社への参拝ののち

 

f:id:tenjo09:20170823191626j:image

f:id:tenjo09:20170823191736j:image

 

大海祇神様のおわす山頂の社と弁財天様の元社まで登拝。

 

f:id:tenjo09:20170823191813j:image

 

登拝中、神使の蛇や鹿が姿を現してくれました。

 

 f:id:tenjo09:20170823191821j:image

f:id:tenjo09:20170823191830j:image

f:id:tenjo09:20170823191845j:image

 f:id:tenjo09:20170823191905j:image

 f:id:tenjo09:20170823191937j:image

f:id:tenjo09:20170823191941j:image

  

金華山山頂では、筋の通った事柄が重ねて栄えていく世となっていくことを拝み通しながら、一歩ずつの踏み固めを致しました。

 

f:id:tenjo09:20170823192316j:image

 

こちらは弁財天堂の元宮です。これほど清浄な宮は珍かです。大きな祈願に適した宮。

 

こちらの近くで、黄金虫が姿を現してくれました。経済是正の祈願の登拝でしたので、思わぬ吉兆に励みをいただいてしまいました。

 

喜捨を賜りました皆様のご芳名のご報告と、開運招福、災禍消滅、商売繁盛、良縁成就なども重ねてお祈りして参りました。

 

f:id:tenjo09:20170823192357j:image

  

そして下山後、幽玄な夕神楽の宵祭りへ。

 

f:id:tenjo09:20170823192623j:image

 

参列後は美しい黄金色の夕陽が。

f:id:tenjo09:20170823193024j:image

 

潔斎場での禊を終えて、就寝。

 

初巳大祭当日と、早朝の護摩祈祷にて、両側の人波に弾かれて座ることになった場所は二回共に正中で、古老の代表者の方を除いた最前列。30年以上参籠している方の隣の場所へ押し流されるようにして座す形となりました。

 

御扉の開かれたご神前正中にて天下泰平、経済是正、金融是正、善事隆昌の祈願をいたしました。

 

大神様方への感謝の奉斎は勿論ですが、世の是正が必要とあらば八百万の神様方への直訴をさせていただくのが神人(かみんちゅ)です。


プロパガンダや大企業からの広報戦略を元にした情報ではなく、第一人者からの一次情報が基本で、それらを元に、是正にはどういった追い風が必要なのかを願いあげていきます。

 

金融・経済は現代人が生きていく上で避けられない領域のこと。不自然な搾取や支配の皺寄せで民が苦しむことのなきよう、誠実な仕事や文化への投資や対価が十分に納められる世となるよう、お金が原因で人々が不安になり消耗し合うことのなきよう、本年は商売を司る大神様方の所へ経済領域の祈願をして回っています。

 

“うつし世ながら千早ぶる神の軆に帰る可き 祭りのわざのあてどぞや 心雄々しく真十鏡 惟神 魂千栄えませ”

 

…そうした心でもって、本殿を吹き抜ける神風の中、国の経済繁栄祈願をして参りました。

 

 

ちなみに。平成元年には50万人の参詣者のあった金華山ですが、震災の影響で、今では年間2万人弱の参拝とのこと。津波地域の行政や民間からの支援は終了したものばかりで、本当の復興はまさにここからが正念場です。

 

金華山への船便がもう少し頻繁に出てくれるようになれば参拝しやすくなりますから、行政が動く形か、民間への資本が投入されて、金華山へ行きたい方々が速やかに大神様への神恩感謝のご挨拶をあがれるように整っていくことも、震災復興祈念のひとつとして深く重ねて祈念してまいりました。

 

皆様の痛みが和らいでいくこと、そして安らぎと豊かさが訪れること、土地の一日も早い復興を謹んでお祈り申し上げます。

 

 

 

 

=大清浄の社・天下清めの祈願=

 

初巳大祭後の足で参りましたのは、天変地異の前触れを表す神釜を奉安する鹽竈神社の境外摂社 御釜神社。

 

f:id:tenjo09:20170823193815j:image

f:id:tenjo09:20170823220827j:image

 

塩土老翁神大神は、火と水と風の神威の結晶である塩を製塩し、あらゆるの生命の元である海の力を人草に授けて心身を潤わせ、一切を祓い清める大清浄の大神様です。


御扉を開けていただき、正式な形で参拝。国の大直しを具体的に祈願。

 

そして、鹽竈神社本殿へ。鹽竈神社は、当時朝廷の力の及ばぬ 道退くの地 であった荒ぶる神々のおわす陸奥を開拓し、平定していくために欠かすことのできないお働きをあらわされた大神様のおわす社でもあり、想いの数だけ存在する「正しさ」によって生まれる沢山の争いごとを平らかに治め、激動の世界に安寧をもたらすご神徳のあられる大神様のおわす社です。

 

f:id:tenjo09:20170823194125j:image

 

f:id:tenjo09:20170823194053j:image

 

f:id:tenjo09:20170823194056j:image 

 

 

境内に鹽竈桜が枝にいくつも重なって落ちていたので、そちらを集めて息吹を込め、連れて来てくださった方への御礼に、花吹雪での禊祓いを致しました。神花の雨に禊がれた後、登拝で酷使した足が痛くならないことに驚いておられました。

 

花吹雪での祓いはこの季節にしかできないものですが、もっとも美しい祓いのひとつです。

 

 

 

=大智慧の浄炎での祈念=

 

山鳥瀧神社、不動尊様では、宮司様からお許しを賜り、昇殿参拝をいたしました。

 

 f:id:tenjo09:20170823221313j:image

 

こちらのお不動様は大変お力が強く、霊験灼かであられます。社の空気の清澄なこと。

 

霊障でお困りの方や、気が弱くて周りに巻き込まれることで消耗してしまう方は、こちらのお不動様の大智慧の焰に抱いていただいている瞑想をしていただくことをお勧めいたします。

 

ひとりひとりの命がお不動様からの浄炎に護られて、力強く輝ける、それぞれ本来の己の道を踏み固め、共にのびやかに生きていける世となっていくことを祈念いたしました。

 

 

 

 

非常に長くなってしまいそうですので、こちらを五月初旬の巡拝記として、一旦区切らせていただきます。

 

本日も私の体力の許す限り、五月中旬からの巡拝記を綴りますので、アップロードが完了次第改めて本記事にリンクを追記し、ツイッターに呟きます。

 

 

------------------

 

 

・今後の巡拝について

 

九月前半までの間、広島の宮島の厳島神社・大願寺・大聖院、愛媛の大三島の日本総鎮守大山祇神社などへ参詣した後、香川の海岸寺と四国の複数の寺社へ国拝みの参詣をし、山梨の身延山と七面山へ登拝し天下泰平と神恩感謝などの国祈願をしたのち沖縄へ御嶽清掃の巡拝をして本州より沖縄へ持ち込んでしまった穢れをほどき大神様方の神威発揚の神事を行い、後半では関西への巡拝をいたします。

 

大神様方への感謝の心と人草の穢れにまつわるお詫びを行い、神域の彌遠永の栄えを祈り、称えごとを奉り、御神酒などをお供えし、清掃奉仕など様々な形での巡拝をして参ります。

 

つきましては、改めまして、皆様方からのお力添えを賜われましたらば幸甚でございます。

 

お力添えを考えてくださっている方は、ご芳名と生まれの干支を記していただき、こちら


【金融機関名】ゆうちょ銀行
【店名】〇一八【店番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】8919773
【口座名義】ヤスダチエ

【記号】10160【番号】89197731

 

まで、お力添えを賜れますよう、謹んでお願い申し上げます。

 

ひとりひとりのお名前と干支をご神前やご仏前で奏上し、いただいた御心と皆様からの神恩感謝報恩謝徳の祈りを神様仏様へお伝えさせていただきます。

 

また、初めてお力添えをご検討の方は、必ず下記の記事をご覧ください。

 

http://tenjo09.hatenablog.jp/entry/001

 

天候の不安定な日々が続いておりますので、くれぐれもご自愛くださいますように。

 

それでは後ほど、五月中旬の記事にて。

 

長文を最後までお目通しくださり、ありがとうございました。

 

 

目黒盛智恵 拝

喜捨について

 f:id:tenjo09:20170416225706j:image

 

桜の咲き零れる季節となりました。

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 
 f:id:tenjo09:20170415002128j:image

 

かねてからリクエストをいただいていたブログですが、三輪・石切・生駒の神様方から早く綴るようにとのお言葉を重ねて預かりましたので、急ぎ本日開設いたしました。

 

f:id:tenjo09:20170415021001j:image

 

そして「巡拝の報告より第一に、喜捨の窓口を設けるように」との託宣を賜りましたので、こちらの記事を書いております。

 

 f:id:tenjo09:20170415002138j:image


これまでの五年間「神域再生の巡拝を応援したいので、応援窓口を設けてほしい」「どうやったら応援できますか?力にならせてほしい」といったご連絡を何度もいただいてきたのですが、私個人のことではないだけに、どのように申し上げればよいのかと、答えあぐねておりました。


実は、2017年に入り国拝みが本格化し、1月1日から4月14日時点で240社を超える巡拝をしていることもあり(羽後、陸奥、出羽、常陸駿河、武蔵、伊勢、山城、大和、摂津、吉野、生駒、讃岐、筑後金華山宮古、池間、大神、久高、沖縄本島、伊良部など)、国祈願に必要な移動経費等を一人で背負うことの厳しさを噛み締めていたところでした。
 

巡拝には、御供料や奉斎のための神札料はもちろんのこと 宿代も足代もかかるものですので、こういったお申し出は、何よりの力となります。これまでも、私が窶れていくために、手作りの煮物や野菜などを差し入れていただいた事もあり、文字通り、心と体を救っていただいて参りました。

 

予算がなく徒歩での移動を覚悟していたら島の方がトラックに乗せてくださったり(ヒッチハイクも一度しています)、宿が無くて困っていたら銭湯やカフェを教えていただいたり、離れに泊まらせていただいたり。様々な形で首の皮ひとつ、けれど首の皮は決して切れることなく、救い上げていただいて、今の私があります。

 

ただ、それさえ、この速さと密度での怒涛の巡拝となりますと、これ以上神様方からの神託にお応えしていくことが果たして可能なのだろうか(既に毎月関西八社と四国五社の巡拝をするようにと神様から賜わっており、三ヶ月に一度の社も全国に)と、心もとない状態で巡拝を続けておりました。

 

金銭的に実現が難しいと神様にお伝えしてはいるのですが、待った無しの神事も多く、そうした場合は寝る間を削ったり食を削ることで神事に必要な経費をひねり出しておりました。ただ、国祈願の神懸かりがいよいよ強くなってきたこともあり、どこまで削れるだろうか、そう思っていた折の出来事でした。

 

以前から、神様より、周りに話すようにと促していただいてきたのですが、神事を奉斎する者が申し上げて良いものであろうかと、憚られておりました。しかし、大神様方から重ねて託宣をいただいたこと、混乱する世界情勢を鑑みたうえで、国祈願を通して争いごとをほどいてゆく重要な巡拝を果たしていくことにはかえられないと思いましたので、背筋を正して筆を執らせていただいた次第です。

 

 

喜捨でお納めいただいた初穂料につきましては、初穂料・御供料として御神前に御供えした後、神札料や内陣参拝のための祈祷料や奉納の御神酒代、祭礼用品代、巡拝用品代、国拝みのための資料代、祭礼参加費用として使わせていただく所存です。
 
 

その場合、天下泰平や国家安泰、神恩感謝や稜威弥栄を願う御心でいらっしゃることをご芳名で重ねてお通しすることに加え、災禍消滅・開運招福・心身健勝・職務満足(企業や法人の場合はそちらの栄え)・良縁招来(公私共)と神仏からの益々の厚いご加護を祈念いたします。
 
 
きちんと報恩の祈願をさせていただきたいので、お手間かとは思いますが、喜捨として初穂料や御供料をお納めくださる方は、”必ず”ご芳名(企業は社名、自営業の方は屋号などを併記してくださいませ。ご所望の場合、初穂料や祈祷料として領収証を発行いたします)と生まれの干支と住所、お振込金額をメールやDMなどでお知らせくださいますよう、お願い申し上げます。
 
 
喜捨は通常のご祈願とは異なりますので、初穂料はご自由にお納めいただく形となります。(老朽化の進んだ神明社の補修と建て直しに積み立てることとなりますので、余剰は生まれないかと思います。神明社の建て直しが完了しましたら、重要な神域の建て直しや国(世界)の栄えを祈る大祈願を奉斎いたします。)

 

以下が、喜捨のお振込先となります。
 
【金融機関名】ゆうちょ銀行
【店名】〇一八【店番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】8919773
【口座名義】ヤスダチエ
 

郵便局やゆうちょ銀行から振り込まれる際は、次の記号番号となります。

【記号】10160
【番号】89197731

 
また、このところ「自ら巡拝できなくとも、私自身も天下(あめがした)の泰平(やすらぎ)を願い、神恩感謝の想いであることを、神様に届けてきてほしい」と、国祈願(世界平和)を願われる方からのご依頼が増えて参りました。
 
国祈願の詳細につきましては、煩雑にならぬよう改めて記事を書き上げますゆえ、そちらをお待ちいただけましたら幸甚です。(とはいえ、神懸かりの旅ですので、すぐに書き上げそうな気もいたします)
 
今後こちらのブログでは、巡拝の記録をはじめ、ご神事等の詳細をお伝えしていけたらと思っております。

 

 

 

f:id:tenjo09:20170415002207j:image

 

明日からは讃岐国での巡拝をいたします。讃岐国は、かつて、国の栄えを祈り、人々の生活が豊かになっていくことを願い、農耕技術や治水事業などに尽力していたある皇女(媛神)と弘法大師空海、この二人が幼少期に過ごした国でもあります。

 

f:id:tenjo09:20170415002328j:image

 

この媛神の祀られるある地では、若き日の空海の手掘りの井戸が存在し、天台宗の祖・伝道大師最澄は社の別当寺に参籠し、修行をしていたと言われております。時は重ならずとも、国家鎮護・天下泰平の祈願を託された最澄空海が交差した土地なのです。

 

『山家学生式』(さんげがくしょうしき)にある一隅を照らすという言葉には、国(世界と言ってもいいかもしれません)を豊かにしていくための祈りに人生を賭した最澄の、切実な想いが刻まれているように思えてなりません。最も澄む、という名を生きた最澄の、一隅を照らすことを己に誓ったであろう清浄な心を想います。

 

そして、空海もまた「我、仏道に入りて一切の衆生を済度せんと欲す。吾が願い成就するものならば釈迦牟尼世尊影現して燈明を与え給へ 成就せざるものならば一命を捨てて此身を諸仏に供養し奉る」といった請願を立てて捨身ヶ嶽から身を投げたほどの祈りを重ねてきた人物です。

 

命懸けで外つ国に渡ることを厭わず国家鎮護や衆生救済を願った、途上の道にある若き二人を神領深くに抱き寄せたこの媛神は、かつてこの国の平和を祈り、災禍を未然に知ることで回避し、本来祀られるべき形へと奉斎者の筋を正すことによって災いごとを治めた皇女でもあります。

 

かの皇女が神婚した神の名は国を治めていた大物主神であり、人蛇神婚の不思議な神話として語り継がれてきました。実は、この人蛇神婚説と酷似した神話の残っている場所が、宮古島の‪漲水‬御嶽であり、私の父方の祖先が祀っていた神様のおわす拝所でもあるのです。

 

f:id:tenjo09:20170415084614j:image 

 

蛇神は生命の再生の象徴であるともいわれ、様々な宗教が台頭するより以前の時代において、大地の神や地母神として世界中で崇められてきた、最も原始的な信仰の捧げられたきた存在でもあります。

 

八百屋の神様方の集う出雲の神在祭では、稲作の浜に神蛇様が現れてその御神体をお祀りする流れをくんでから、本格的な神事がはじまります。

 

人の争いや権力によって分断される前の素朴な自然信仰の形が残っているのが蛇神信仰であり、私はここに、人々が自然の声を聴き、共に生きられていた時代の心が眠っているような気がしてなりません。

 

そうした原始の神を祀った皇女の歩んだ道、空海の歩んだ道を重ねて歩み、その姿勢と祈りとを深く刻みながら、日の本の泰平(やすらぎ)と、世界の安寧を祈り通してまいります。

 

 

 

f:id:tenjo09:20170415002228j:image

 

国拝みにまつわる内容でしたので、最後は、国祈願に欠かせない大切な拝殿での写真にて、結ばせていただきたいと思います。


大神様方からの廣き厚き神恩(みたまのふゆ)があられますように。ご覧いただいた皆様に、日々が愛しくなるような沢山の喜びごとが訪れますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

目黒盛智恵 拝